にんてんどぅの風林火山ブログ

漫画家になれれば良いなと思っています。

3.11

 

当時小5、それまで震度3程度しか経験して来なかったのでめちゃ驚きました。

神奈川は、震度5強だっけ?…

地震発生時の避難訓練をよくしてましたから、とうとう本番だ!と意気込んでいました。

あの非日常感が、不謹慎ながらワクワクしました。


f:id:hiromi-1999:20200311012641j:image

家帰って、停電してて、ガスは使えるから、真っ暗なリビングでチキンラーメン作ってもらって、食べてました。

非日常の中で食べるチキンラーメンは、好きでもなかったのに美味しかったんですよね。


テレビもつかないからラジオで情報を聞いてて、なんかよくわからんけどヤバいなあと思ってました。

原発なんて知らなかったから爆発した〜なんてニュースは当時の記憶にないです。

ただヤバそうだなあって思ってました。 

 

 

 

 

次の日は友達と約束があったから遊びました。

トイザらスにカードパックを買いに行きました。

神奈川は被害が(あまり)目に見えなかったから気軽なもんでしたね〜、結局欲しいカードは売ってなかった気がします。

 

 

その友達との会話で、

震度とマグニチュードの違いを知りました。

 

 

 

 

 

 

それからテレビはACしか映さなくなって、飽きました。

でもワンピースは観てたかな?頂上戦争編やってた気がします。

ドフラミンゴがめちゃ笑ってた。

 


f:id:hiromi-1999:20200311012928j:image

 

 

 

 

てか、当時生まれてなかった子も、もう9歳近いの?!

はや…恋も覚える年齢ですよ。

映画


f:id:hiromi-1999:20200221180146j:image

 

最近洋画観てます、アマプラで。

ジョン・ウィックっていうのが面白かったです、シンプルな映画って良いですよね…。

 

あと『音楽』って映画観に行きました。f:id:hiromi-1999:20200221180337j:image

上映館が少ないので新宿まで行きましたけども、まあ面白かった…!

もう一回観にいきたい。映画館ってやっぱり好きです。

 


f:id:hiromi-1999:20200221180510j:image

ジョジョ・ラビットも観ました。

これまた面白かった。

ちょっと泣いた。

 

 

基本家に籠るか、映画観に行くかの2択で生きてます。

良いお年を

漫画に追い詰められすぎて、

昨日は担当さんとの約束を遅刻する夢、

今日はネーム描く夢を見ました。

脳が休めないのでやめてほしいです。

でも夢の中まで追い詰められるってちょっとカッコイイ気もします。

 


f:id:hiromi-1999:20191231142559j:image

28日にCDJに行きました。

めちゃ楽しかった…Official髭男dismの盛り上がり方が半端じゃなかった。

フジファブリックは生銀河聴けて満足した〜。

 

 


f:id:hiromi-1999:20191231142817j:image

晦日ですね。

良いお年を…。

誕生日

誕生日を迎えた。

10代も終わり。こんにちわ、20代。

20代……響きが、こわい。

 

このブログ始めたの何歳だっけ?14とかだっけ?長い。

昔の記事を読み返す事もあまりないけれど、あれから結構僕も変わった気がします。

少し自分に自信がついた気がします。

友達が増えた気がします。

性格が悪くなった気がします。

人生が楽しくなった気がします。

 

結構良い10代だった気がします、よろしく20代…。

 


f:id:hiromi-1999:20191212003654j:image友達とのごはん

才能

自分より才能の無い人はきっといるし、実際見てきた。

自分で言うのも何だけど、周りと比べて自分は描けている方だと思う。(画力ではなく漫画)プロの先生方に褒められたこともある、その時は「自分には才能があるんだ!」と思った。

でも違くて、いや、違くないかもしれないけど、才能はあるかもしれないけど、それは量にしてみればコップ一杯分くらいだろう。

 

上には上がいるもんで、自分より面白い漫画を描く人は笑けるくらいいるんでした。月一人は見かける、僕より面白い漫画家志望。

自分が取りたい賞は月一回必ず出る。だから月一回以上自分より凄い人が出てくる訳で…その人達は多分コップ三杯分はある。

でもそんな人達よりも上はやっぱりいる。月一回出るかわからない賞を取り、雑誌に載り、日の目を浴びる。1リットル…。

 

それより上もいる。僕より若くて僕よりコップに注げる才能をお持ちの方々がいる。多分才能どうこうより、ただ僕より多く描いているって事かもしれないけど、僕はそれ(努力)も才能のひとつだと思ってるから結局負けてる。…

そんな人達を見る度僕はむしょ〜に切なくなるのです。

 

「才能!頑張った!どうだ、コップ一杯分注げたぞ!!」

 

「頑張りましたね」

3Lペットボトルどーん!

 

 

この埋まらない差…切なくないですか?

 僕は漫画を描くのが好きだし、他の人よりちょっと優れてる部分がそこしかないから頑張るけど…血反吐は吐けないし、三日連続徹夜とかも出来ない。

でもやる人はいる。

 

文字通り死ぬ程頑張れば3Lに近付けるかもだけどそこまで努力出来る才能もないのです…。 

負け犬の考えだけど、努力ってイケメンみたいなもんだと思ってます。

イケメンは生まれつきイケメンで、生まれつき人生が有利ですよね。

「努力できる人」は生まれつき「努力できる人」なんだろうな、と。

挫折して、一度は諦めて、その道から逃げても再起できる「努力できる人」。

挫折して、いやそれすらしないままポカーンと口開けている「努力できない人」。

 

この二人に同じドキュメンタリー映画を観せたとして、「努力できる人」はよし!やる気出てきた!頑張ろう!ってなるけれど

「できない人」はそう思えない(思ってもすぐ諦める)。これは性格の問題だけれど性格って結局遺伝(環境)で大きく決まるんだろうし、それつまり「努力できる性格の人」=天才では?

 「人生一度は転落したけど必死に努力して何とか這い上がりました!」ってのをテレビで見る度僕は思うんです…

「努力できる人」に産まれて良かったね。と…

「できない人」に産まれてたらそのエピソードなかったですよ…と…

 

 

負け犬の考えですけどね、そう思ってしまうのです。

まあ、当然、だからといって

努力しない理由にはならないので…

「実は努力出来るやつ」である事を信じて無理やりやる気出そうと思います。

 

 


f:id:hiromi-1999:20190915153923j:image

 

 

 

 

…と、まあ、これ今年の6月に書いて下書きのまま公開してなかった記事なんですが。

今の自分がこれ読んで思う事は

馬鹿言ってないでさっさとやれ。

ですね!

3日あればティーンネイジャーの考えなんて変わります。