にんてんどぅの風林火山ブログ

オレのこのブログの「名前」だ 『にんてんどぅの風林火山ブログ』ただのそれしか言わない 以上で終わりだ

そろそろどこかに漫画を持ち込みしたい②

いやホントにヤバい。

目標は15歳までに持ち込みする事なので、頑張らないと・・・!

何故15まで?それは・・・16とかにいくと一気にレベル上がるんでその前に投稿しよーというだけの話です!

http://neelmartin.img.jugem.jp/20081211_361376.jpg

ネームは色々描いてるんですが・・・大体イマイチ!!

ちょっと前に能力バトルモノ(ベタ~なの)を描こうと思ってキャラと設定とおおまかな展開を考えたんですが・・・ボツ!にしました。

 

頭の中で広げてネームを描いてる内に「話暗すぎないか?」と気付きボツに。

だってヒロインがライバルに一回殺されて主人公が発狂してライバルもちょっと発狂する漫画の何が面白いのさ~・・・・・・・・・!

 

 

でもこの経験は無駄じゃあなかった!

何故なら・・・「漫画の主人公は熱いモノがないとダメ!」と気付いたからです。

それまでの自分は「良い漫画を描くには人が意外な場面で死んでりゃいいんだ」とか間違った考えをしてました!

f:id:hiromi-1999:20140723060318p:plain

なので今考えてる2つの話は両方熱いナニカ(意味深)があります。

あ、えっと別に暗い系の主人公を否定してる訳じゃないです、本人の性格自体が暗いんじゃリアルなネクラにしかならなかったよ、という話。

f:id:hiromi-1999:20140723060217p:plain

そういう主人公を上手く進ませる構成力を持った人なら良いと思います。

自分にはそれが出来なかった・・・(才能が無いとは言わない)

f:id:hiromi-1999:20140723060651p:plain

漫画を描く側になろうとすると漫画を描いてる側の人が気になってしょうがない。

ジャンプ読むにしても「このコマ・・・すげぇ」とか「この構図いいなぁ」とか「この構図はもうちょい違うのあった様な・・・」という目線で見てしまう。

f:id:hiromi-1999:20140723061218p:plain

この前試しに原稿用紙に下書きを描いてみよう!と思い描きました 勿論持ち込むくらいの気持ちで。

そしたら集中力がまあまあ続きました。

1ページ目、緊張しまくりで手と頭身がおかしくなってたけど達成感はあった!

にしても・・・下書きだけで一枚1時間30分くらいかかりました。

背景無しでですよ?・・・綺麗に描きすぎたんでしょうか・・・なぞればすぐ完成するくらいにやっちゃったからなあ。

f:id:hiromi-1999:20140723061958p:plain

他人の持ち込み体験記を見ると「うわあやっぱりボロクソに言われるのかぁ」という不安と共に「自分はまだ若い・・・この若さでこのクオリティ(ネーム見ながら)・・・いけるじゃん!」とポジティブになったりが3分おきくらいに入れ替わります。

もし持ち込んだらその時は体験記、書きますね。

ボロクソだろーと何だろうと・・・最初から上手くいく訳ないですからね。

 

長文すみませんでした。

f:id:hiromi-1999:20140723061640p:plain

・・・・・・ボツにしたとか構成力とか・・・今の自分、漫画家っぽい!